コーチングの3原則/コーチングでのスキルよりも大切な3つのこと

コーチングの3原則/コーチングでのスキルよりも大切な3つのこと

はじめに

ビジネスだけでなく、スポーツや医療など様々な分野でコーチングが注目を集めています。教育の世界でも、時代の変化やテクノロジーの発達により、先生の役割が「教える」から「寄り添う」や「引き出す」に変化してきており、学校や塾でもコーチングが注目されています。

こちらの記事では、コーチングには興味あるけど、どうすればいいか分からない。現場で実践するには何から始めればいいか分からないという方に向けて、何よりもまず抑えるべきコーチングの3原則をご紹介します。

コーチングの定義とは

以前、コーチングの定義は「目標達成のために自発的行動を促進するコミュニケーション」だとお伝えしました。

コーチは相手に適切な問いかけをすることにより、

・新しい気づきをもたらす
・視点を増やす
・考え方や行動の選択肢を増やす
・目標達成に必要な行動を促進する
ための効果的な対話を作り出します。

ここで重要なのは、コーチが主導で話を誘導したり強制したりしないことです。ティーチングでは話の主導権は先生にありますが、コーチングの場合はあくまでも主役は相手です。主体性を持ちながらそれを実現することがポイントになります。

コーチングの3原則とは

コーチングにはテクニックよりも大切な3つの原則が存在します。また私たちコーチが常に立ち返るべき原点ともいえます。

双方向(Interactive)

コミュニケーションはそもそも双方向だというのは当たり前だと思われるかもしれませんが、実際には「上司⇨部下」や「先生⇨生徒」、「親⇨子」のように上から下へ、一方通行なコミュニケーションになってしまっている場合があります。

コーチングでは、相手の無意識の思考や行動の原因をアウトプット(発言)させて自覚させることで、相手が自ら、目標や成長に向けてもっとも有効な方法の選択、実践、軌道修正ができるように支援します。

あくまでコーチは引き出す役回りで主役は相手(生徒)です。

継続性(Ongoing)

コーチングは一度受ければすぐに結果が出る、というものではありません。継続して働きかけることで徐々にパフォーマンスが向上していくものです。コーチは相手の意欲をあげ、軌道修正を図ることで相手の望む地点へと導きます。

一度刺激や気づきがあったり、短期的に満足いく結果が得られたとしても、それだけで継続することは難しいため、定期的にコーチングを重ねる必要があります。

コーチングを受ける側も、誰かに思い出させてもらったり、誰かと約束することでモチベーションを維持させることができます。

個別対応(Taylormade)

これまでは教育や人材育成の分野などにおいて、全員に同じやり方で画一的な指導をしてきました。しかし、今の時代は価値観や考え方が多様化してきたため、同じ方法を全員にあてはめてもうまくいかないことも増えてきました。

コーチングは基本的に一人ひとりの状況や性格に合わせて1on1で行います。また、コーチの価値観や考え方をいったん脇に置いて、いつも新鮮な気持ちでセッションに望む姿勢を大事にしています。

箱根駅伝3連覇 青学 原監督の例

例えばこんな例があります。

箱根駅伝で3連覇の快挙を遂げた青山学院大学の原晋監督は、一人ひとりの選手の様子や発言を観察し、どういう言葉が響くのか、逆に響かないのかなど、何冊もノートにまとめていたそうです。

「もし優勝できたらヒーローになれるぞ!」という言葉にやる気を出す子もいれば、逆にモチベーションが下がる子もいます。また、みんなの前で拍手喝采で褒めてもらうのが嬉しい人もいれば、本人に聞こえるか聞こえないかの声でボソッと褒められる方が嬉しい人もいます。「こんなんじゃ全然ダメだ!」と厳しい言葉で奮起する時もあれば、「最近元気ないように見えるけど何かあったか?」という言葉に救われるときもあります。

第一線で活躍する選手にかける言葉と、メンバーから外れてしまった選手にかける言葉は違います。また、言葉がけだけではなく、一人ひとり目標とすることも練習内容も違います。

このように、全員一律に同じやり方を強いるのではなく、この選手はどのタイミングでどういう言葉がけをすればいいのか、今どういう状態なのかを冷静に見極め、個別に対応した結果として大きな目標を成し遂げられたのです。

まとめ

「双方向」の対話を「継続的に」行い、それを一人ひとりに合わせて「個別対応」していくこと。それがコーチングの大原則です。

最後まで読んでくれたあなたへのメッセージ

こんにちは!塾ReQ責任者の山岡です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

この記事を読んでくれた方の中には「受験勉強」や「進路」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?実は私もみなさんと同じように高校時代に勉強で悩み、苦い思いをしたうちの一人です。

そんな時に、出会ったのが、1人のコーチでした。自分1人では苦しくて、大変だったことも、コーチがフォローしてくれるから、頑張れました。

そんな経験があったからこそ、コーチング主体の塾を運営して受験生のお手伝いをしています。

【大学受験専門】英語塾ReQでは、“コーチング”という手法を用いて、英語に特化した【大学受験専門】英語塾ReQ独自のマンツーマン指導を実践しています。そして、大学受験に特化した英語カリキュラムの作成も志望校に応じて作成しており、その通りに指導を進めていくので、どんな生徒でも不安なく学習を進めていけます。

その結果、偏差値40台からの私立文系難関大への逆転合格を成功させています。

実際に、塾ReQ寝屋川校の生徒は

“全員”偏差値UP

半年間で “平均”11.8UP

2か月で最大14.1UP、最低でも4.8UP

という結果を残しています。(河合塾全統模試/2020年10月時点の結果)

2021年度合格実績

関西大学/立命館大学/関西学院大学/龍谷大学/関西外国語大学/京都産業大学/同志社女子大学/佛教大学/摂南大学/大和大学など

ここまでを読んで、それでも

  • 何から勉強すればいいのか分からない
  • どう勉強すればいいのか分からない
  • 1人じゃ怠けてしまう
  • 1人でそこまで考えながらできない

とお悩みの方は

【大学受験専門】英語塾ReQ寝屋川校へご相談ください。まずは、完全無料で「英語力測定診断テスト」を実施し、アドバイスをさせていただきます。

もし、それで、

  • やる気がでてきた
  • これなら自分でも頑張れそう
  • 不安や悩みが解決した

などと思っていただければ、

私たち【大学受験専門】塾ReQと一緒に頑張っていきましょう!無理な勧誘は一切しませんので気軽にお申し込みください!(費用やコースについてはこちら

ご質問や無料体験は、ホームページの申し込みフォームor LINEで受け付けています!


友だち追加